book

楽天おすすめ商品

  • 楽天おすすめ商品
無料ブログはココログ

2011年2月 6日 (日)

夢をかなえる「打ち出の小槌」堀江貴文 の感想

夢をかなえる「打ち出の小槌」堀江貴文

を読んだ。

また、堀江貴文の本の感想です。

自分の夢をかなえる為に必要な物はお金ではなく、自分自身の信用だということから始まります。

その信用が積み重なって、お金や自分の自信に繋がっていくそうです。

良い借金・悪い借金の区別など、自分が今まで読んできた本に出てきた納得できる内容が盛りだくさんで、目新しい発見は無かったのですが、私自身の生き方に説得力を与えてくれるものがありました。

この人の生き方に100%納得できるわけではありませんが、やはり個人的には応援しています。

                   

2011年1月16日 (日)

読んだ本 君がオヤジになる前に [単行本(ソフトカバー)]

君がオヤジになる前に(堀江貴文)を読んだ。

表紙は「賭博黙示録カイジ」の作者福本伸行。

最後に堀江貴文と福本伸行の対談がある。

25歳、28歳、32歳、35歳それぞれの実在人物?の現状や悩みを元にホリエモン流に切り捨てていく。

「自分のスピードについていけない仲間は切り捨ててきた」と言う部分には共感できないが、[お金]に関する感覚は鋭く、参考になる点はあった。

対談中もホリエモン自身の世界観からずれている人たちの事に納得がいっていない様だったが、福本氏が、「成功者のすぐそばにも自分と同じ位努力している芽の出ていない人がいるという事実を忘れたくない」といった言葉で考えさせられていたようだった。

ホリエモンは私が株式投資を始めた当時のライブドアの前身エッジのときから気にしていた人だが、いつの間にか出版物が増えていて驚いた。

世間的には問題視されることが多いが、世の中の停滞した流れを変える人の一人かなと思うので、個人的には応援しています。